〜明日の映像人を目指す若者達へ〜
 ネオ・プロデューサーズ・フェスタ2001
■2001年6月16日(土)  日本工学院専門学校(東京・蒲田)にて開催
企画主旨
フェスタ実行委員長 杉田成道 CX制作局専任局長
サブテーマ
 「映像サバイバル・21世紀に何が残れるか?」

企画の骨子
ITバブルも世界的に沈静化の兆しが見えて、行き先が見えぬままに手を広げていった通信革命も青写真がはっきりしてくるとともに、現実の問題に形を変えて、私たちの前に現れてきました。
テレビで言えば、CS、BSから目前に迫った地上波デジタルに、映画で言えば、光ファイバー、衛星による配給網の将来的見通し、などによって、(インターネットも含め)今後変化するであろう環境の変化に即応して、何が必要となってくるのか、その具体的な模索が始まってきているように思われます。
そこで登場したのが、コンテンツと呼ばれるソフト制作論でありましょう。すなわち環境整備がなされた後には、ソフトを征する者がハードを征する、という論法でしょう。
簡単に言えば、人の問題です。才能の問題です。
多角化する映像メディアとともに、多角化する大衆像があるわけで、そこに向けてどのようなエンターテインメントが必要になってくるか、そこではどのような才能をもって人間が必要なのか、まさしく映像人のサバイバルが始まろうとしています。
われわれプロデュサー集団が変わることによって、テレビも映画も変わりうる。その自己変革と可能性をそれぞれが模索すると同時に、「映像人・ネオプロデューサー」たちに対して、どのような才能が必要なのかを提言する機会が重要であると考えます。
セミナーA@ TV各局人事部長が語る
21世紀のテレビが求める人材とは
各局人事担当者からの採用、雇用形態、求める人材などについてのトークや、参加者からの質問表を元に課題を抽出してパネルディスカッションを展開
NHK 豊田 宏 労務人事室人事部担当部長
NTV 白岩裕之 人事局人事部次長
TBS 石川真美 人事労政局人事部長
C X 松崎 司 人事局人事部副部長
ANB 木村寿行 総務局人事担当部長
T X 堀江正雄 総務局人事部長
司 会 ・・・ 川瀬眞由美   テレビ朝日アナウンサー
企画担当 ・・・ ANB   高戸晨一
 
セミナーAA TV各局ドラマプロデューサーによる
「ドラマ ウォーズ 〜生き残るのは誰か〜」
ドラマの正否が各局の命運を分けるテレビの状況、まさにドラマウォーズである。その中で、どんなドラマが生き残るのか。新しく生まれてくるものは何か。そしてそのために必要な人材は・・・?各局のドラマを担うプロデューサーが熱く議論を繰り広げる。
NHK 西村与志木 (番組制作局ドラマ・エグゼクティブ・プロデューサー)「大河ドラマ」
NTV 佐藤 敦 (編成局編成部ドラマ担当副部長)「伝説の教師」
TBS 伊藤一尋 (製作本部製作一部プロデューサー)「S.O.S」
C X 河毛俊作 (編成局第一制作部部長)「ロケットボーイ」
ANB 黒田徹也 (編成制作局制作部ドラマ制作CP)「R-17」
T X 佐々木彰 (制作局SP制作チーム長、シニア・プロデューサー)「小さな駅で降りる」
ゲ ス ト ・・・ 馬場康夫   (ホイチョイプロダクション 代表)
企画担当 ・・・ CX 河毛俊作    NHK  西村与志木
セミナーAB 各局バラエティプロデューサーによる
仁義なきバラエティの戦い!
21世紀、CS・BSの参入、そしてデジタル化で今後ますます多様化するテレビ界。今や視聴率上位100番組中、半数を占めるバラエティ番組も、一つの枠に収まる事無く、実に多様化の一途を辿りつつある。
果たして混沌とするテレビ界にあって今後、バラエティ番組はその枠を更に拡張するのか?
それともやがて淘汰を繰り返し、まとまりを見せるのか?
テレビ放送開始以来の、番組根幹の一つであるバラエティ番組の今と将来を現役制作者たちと放送作家そして視聴者の観点からテレビ誌編集者のトークバトルを交えて考える。
NTV 菅 賢治 (日本テレビ編成局チーフディレクター)
「ガキの使いやあらへんで」
C X 吉田正樹 (フジテレビ編成制作局プロデューサー)
「笑う犬の冒険」
T X 太田哲夫 (テレビ東京制作局プロデューサー)
「愛の貧乏脱出大作戦」
ハウフルス 山田謙司 (株ハウフルス テレビ制作部長・ディレクター)
「タモリ倶楽部」「出没!アド街ック天国」
放送作家 山田美保子 「恋のから騒ぎ」
編集長 安本洋一 「ザ・テレビジョン」
司 会 ・・・  八塩圭子   テレビ東京アナウンサー
企画担当   ・・・  NTV  田中芳樹     TX  小川 治
セミナーB@ 人気キャスター大集合
「各局人気キャスターももっと言いたい」
  〜ニュース画面の舞台裏
「キャスターとして・・・私の支えとなったもの・言葉/キャスター・アナウンサーを目指す方に」
NTV 木村優子 『ニュースプラス1』 キャスター
C X 武田祐子 『スーパーニュース』 キャスター
ANB 渡辺宜嗣 『ニュースステーション』『朝まで生テレビ』 キャスター
T X 末武里佳子 『ニュースアイ』 キャスター
TBS 小川知子 『ニュースの森』 キャスター
司 会 ・・・ TBS   松原耕二   『ニュースの森』 キャスター
企画担当 ・・・ TBS   南部雅弘
セミナーBA
「時代が変わる!テレビが変わる!」
  〜デジタル放送の魅力と展望
「テレビがこんなに面白くなった!見るテレビから使うテレビへ」
  高橋利明  TBSデジタルビジネス局理事、トマデジ取締役企画室長
「BS・CS地上波デジタル・・・次世代放送の行方」
  千田利史  電通衛星メディア局企画開発部長
企画担当 ・・・ BS日テレ 務台猛雄     BSジャパン 大野晴雄
  
セミナーBB
「映画プロデューサーによるバトル合戦」 
メジャーVSインディペンデント
メジャー
木村大作 「ホタル」 撮影監督
坂上 順 「ホタル」 東映プロデューサー
インディペンデント
中江裕司 「ナビィの恋」 監督
佐々木史朗 オフィス シロウズ プロデューサー
岡田 裕 アルゴピクチャーズ プロデューサー
風間志織 「火星のカノン」 監督
伊藤直克 プロデューサー
企画担当 ・・・ 松竹 野村芳樹     近代映協 新藤次郎
セミナーC@
松本零士の「新宇宙戦艦ヤマト」
アニメの大御所、松本零士が「宇宙戦艦ヤマト」、「銀河鉄道999」、「宇宙海賊キャプテンハーロック」、「クイーンエメラルダス」の作品を振り返り、かつデジタルアニメ化され世界配信が決まった「新宇宙戦艦ヤマト」への思いを語る。
漫画家   松本零士
セミナーCA アマチュア作品をプロのプロデューサーがよってたかって徹底指導
「ショートショートドラマ制作部」
フジテレビ721で大人気放送のあの番組がまるごとやってくる!
プロ・アマ問わず応募してきた10分以内の「ショートショートドラマ」のVTRを会場で上映し、テレビ各局の現役バリバリのプロデューサー・ディレクターが脚本・演出・撮影・演技・エンタテインメント性などについて採点・批評。
辛口のコメントのみならず、画面上にタッチペンを使い、構図や細かい演出まで徹底的に指導します。
「ショートショートドラマ」は全てのテレビドラマの基本。テレビ界の名物プロデューサー・ディレクターたちがいったいどのようなことに着眼・留意してドラマを制作しているのかがよくわかるセミナーになることでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第1部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
審査員
石原 隆 (フジテレビ プロデューサー) 「HERO」「やまとなでしこ」 他
高井一郎 (フジテレビ プロデューサー) 「ロケット・ボーイ」「彼女達の時代」 他
水田伸生 (日本テレビ ディレクター) 「甘い生活」「恋も二度目なら」 他
土井裕泰 (TBS ディレクター) 「ラブストーリー」 他
司 会
ラサール石井
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第2部 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
審査員
河毛俊作 (フジテレビ ディレクター) 「ギフト」「ロケット・ボーイ」 他
山口雅俊 (フジテレビ プロデューサー) 「カバチタレ!」「太陽は沈まない」 他
植田博樹 (TBS プロデューサー) 「ケイゾク」「ビューティフルライフ」 他
佐藤 敦 (日本テレビ プロデューサー) 「伝説の教師」 他
司 会
ラサール石井
企画担当 ・・・ CX   小岩井宏悦
  
ワークショップ
各局ディレクター、プロデューサーによる 演技指導&模擬オーディション
講師
C X 杉田成道 「北の国から」「少年H」プロデューサー
C X 大多 亮 企画担当部長
NHK 浅野加寿子 次期大河ドラマ「利家とまつ」プロデューサー
YTV 鶴橋康夫 「永遠の仔」ディレクター
ゲスト 俳優   原田大二郎
企画担当 ・・・ CX  杉田成道
各局スタープロデューサー、映画プロデューサーとのコミュニケーション
「出合いの広場」